ファルコンアロー
ホームプロレス技解説 >ファルコンアロー

ファルコンアロー

相手をブレーンバスターで抱え、頂点で相手を反転させて開脚ジャンプし、相手の背中からマットに叩きつける。

ハヤブサ(FMW)のオリジナル。
1995年、WWAブラスナックル王者だった大矢剛功(FMW)とのタイトルマッチで初公開し、この技で王座を奪取した。
現在に使い手は多いが、本家ハヤブサの承諾を得て使っているのは、金本浩二(新日本プロレス)だけ。

googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索