スーパージュニア最後の一人は石森太二
ホーム新日本プロレスニュース一覧 >スーパージュニア最後の一人は石森太二

スーパージュニア最後の一人は石森太二

5.30後楽園大会から始まる「BEST OF THE SUPER Jr」の他団体選手枠の最後の一人が、NOAHの石森太二に決まり、ブロック分けも決定した。

【Aブロック】
獣神サンダーライガー(10年連続15度目)
タイガーマスク(9年連続9度目)
プリンス・デヴィット(4年連続4度目)
外道(3年ぶり6度目)
飯伏幸太(2年連続2度目)
KUSHIDA(初出場)
ラ・ソンブラ(初出場)
デイビー・リチャーズ(初出場)

【Bブロック】
金本浩二(9年連続14度目)
田口隆祐(5年連続7度目)
吉橋伸雄(初出場)
石森太二(初出場)
フジタ“Jr”ハヤト(初出場)
ケニー・オメガ(初出場)
AKIRA(3年連続6度目)
タマ・トンガ(初出場)

各ブロックの得点上位2選手が、6.13後楽園で決勝トーナメント進出となる。


googleで検索 サイト内検索