ヘイトの顔面を殴打したTARUが無期限の活動停止
ホーム全日本プロレスニュース一覧 >ヘイトの顔面を殴打したTARUが無期限の活動停止

ヘイトの顔面を殴打したTARUが無期限の活動停止

5.29神戸大会の試合後、急性硬膜下血種で病院に運ばれ緊急手術を受けたスーパー・ヘイト(=平井伸和)に対し、試合前にTARUが顔面を殴打するなどの暴行を加えていたことがわかった。
現時点で因果関係は不明ながら、TARUから無期限の自粛を申し入れ、全日本プロレスもそれを了承した。

内田取締役のコメント
「昨日の夜にTARU選手から一報をいただきました。神戸大会におけるスーパー・ヘイトこと平井選手のケガについて、試合前の控室でトラブルのなかで平井選手と口論になり、殴打するということが事実としてあったということでした。
平井選手のケガが、そこに直接の原因があるかどうかは定かではないのですが、一端を担っているということも無きにしもあらずと判断もできます。
TARU選手から無期限の活動自粛をしたいという旨の申し出がありました。事実を未確認のところもあるのですが、受けざるを得ないだろうということで、会社としても了承する形をとりました。


TARUのコメント
「神戸大会の前から、個人的、ビジネス的、プライベートの部分でヘイト選手といざこざがありまして、神戸大会の控室で数発殴打いたしました。
その後は、本人とも和解しましたし、その後も一緒に協力して試合をやりました。ただ、こういう結果になってしまったことを深く反省しており、無期限の休場と自粛をさせていただきたいと話をしました」


googleで検索 サイト内検索