原型エメラルドフロウジョン
ホームプロレス技解説 >原型エメラルドフロウジョン

原型エメラルドフロウジョン

オクラホマスタンピードの要領で、相手を右肩に担ぎ上げ喉元に右手を、背中に左手を回して、そこからサイドに垂直落下させる。
通常のエメラルドとの違いは、相手の体を支える手が左右逆になっている。

三沢光晴(NOAH)のオリジナル。
1998年1月の三冠防衛戦vs秋山戦で初公開し、見事に防衛に成功した。

googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索