ケブラドーラ・コンヒーロ
ホームプロレス技解説 >ケブラドーラ・コンヒーロ

ケブラドーラ・コンヒーロ

相手をロープに振り、帰ってきたところを体ごと捕まえて、相手を270°回転させながら、自らマットに片膝をついて、その膝の上に相手の背中を打ちつける。

「青い矢」と呼ばれたルチャドール、アニバルが開発したとされる。以降はルチャ・リブレの代表的な技となり、日本では風車式背骨折りともいう。
ジュニアの選手に使い手が多い。

googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索