タイガースープレックスホールド
ホームプロレス技解説 >タイガースープレックスホールド

タイガースープレックスホールド

相手の背後から、相手の両腕をダブルのチキンウィングアームロックに取って、自分の両手を相手の背中にあてがい、そのまま後方に反り投げる。

初代タイガーマスクのオリジナルで、以降のタイガーマスクを務めた三沢光晴(NOAH)や金本浩二(新日本プロレス)も、フェイバリットとして愛用している。
三沢のそれは、両手を背中にあてがうのではなく、相手を羽交い締めにして自分の両手をクラッチする。NOAHの選手のタイガースープレックスは、みな三沢の形を取っている。

タイガードライバー タイガードライバー
googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索