腕ひしぎ逆十字固め
ホームプロレス技解説 >腕ひしぎ逆十字固め

腕ひしぎ逆十字固め

仰向けの相手の片腕を両足で挟みこみ、体重を後ろに預けることで肘関節を反りあげる。

もとは柔道の技で、ポピュラーな関節技。
極められる相手は、腕が伸びないように自分の両手をクラッチして防御し、そのクラッチを切る切らないの攻防も見せ場になる。

googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索