ドロップキック
ホームプロレス技解説 >ドロップキック

ドロップキック

飛び上がって、両足の裏で相手を蹴り飛ばす基本的な打撃技。

ジョー・サボルディがオリジナルと言われているが、定かではない。
若手、ベテラン、男女問わず、誰もが使っている基本技で、立っている相手にその場飛びで決めるのが正調だが、走ってくる相手に対してカウンターで決めたり、ロープに飛んだ反動で助走をつけて決めたり、コーナートップから飛んでくる相手を迎撃したりと活用範囲は幅広い。
オリジナルはジョー・サボルディといわれている。
使い手は数多いが、田口祐介(新日本プロレス)は、ドロップキックで獣神サンダーライガーからピンフォールを奪ったことがある。大森隆男(フリー)はヘビー級の中ではもっとも打点が高く、華麗に決めてみせる。

googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索