ドラダ式ウラカンラナ
ホームプロレス技解説 >ドラダ式ウラカンラナ

ドラダ式ウラカンラナ

リングに背を向けトップロープに飛び乗り、トップロープに尻もちをついて反動をつけて飛び上がり、空中で一回転するように相手の胴体に飛びつき、そのままカサドーラの要領で丸めこむ。

マスカラ・ドラダのフェイバリットホールド。

googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索