オールドスクール
ホームプロレス技解説 >オールドスクール

オールドスクール

相手の手首を捻りあげ、片手でつかんだままコーナートップに登り、相手を同行させながらトップロープ上を綱渡りのように歩く。頃合いを見計らって、トップロープからジャンプして相手に手刀を叩き込む。

ドン・ジャーディンのオリジナルで、ジャーディンがこの技を使うときに、懐かしいあの技をやるぜという意味で「オールドスクール!」と叫んでいたことが名前の由来である。
今は、ジャーディンの愛弟子アンダーテイカーやブキャナンが使っている。長身の選手がやると見映えがする。

オールドスクール
googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索