ギロチンドロップ
ホームプロレス技解説 >ギロチンドロップ

ギロチンドロップ

助走をつけてジャンプしたあと、自分の右足を水平に突き出し、マットに尻餅をつくと同時に仰向けに倒れていた相手の喉に右足を叩きつける。

ブル中野(全日本女子プロレス)やハルク・ホーガンがフィニッシュホールドとして使っている。他の選手が使ってもフィニッシュに至ることはほとんどなく、説得力あるギロチンドロップはなかなか見られない。
海外ではレッグドロップと表記される。

googleで検索 サイト内検索

技頭文字検索

レスラー頭文字検索