IWGP戦に向けて永田のコメント/「永田裕志に対して怒りとか憎しみを持てるようなファイトを」
ホーム新日本プロレスニュース一覧 >IWGP戦に向けて永田のコメント/「永田裕志に対して怒りとか憎しみを持てるようなファイトを」

IWGP戦に向けて永田のコメント/「永田裕志に対して怒りとか憎しみを持てるようなファイトを」

永田のコメント
「純粋に自分の築きあげたものをぶつけ合える気持ちのいい闘いになりますよ。リスクは大きいけど。
4年前の対戦は棚橋に限らず、若い選手と闘うときは彼らが僕と闘うことで彼らが築くばっかりだったけど、ようやくこの世代の人間とお互い築いてきたものをぶつけ合える闘いができる。

世代交代はもうしてますよ。
だけど、力が衰えて交代したわけじゃない。過去のプロレス人生を振り返ると、ストロングスタイルとは、新日本プロレスとはっていうものを常に考えて様々なチャレンジをした。考えて突き詰めた結果、いまの永田裕志のスタイル、NJCの決勝でやった中邑との試合になった。
棚橋って人間は、これだけ新日本プロレスの看板を背負いながらも、独特の自分のスタイルを築き上げたという部分では大したもの。新日本プロレスで受け継がれる伝統とは真逆というか。ただ根底には、闘うっていう意識は強いよね。

この試合では、僕の土壌に引きずり込むことで、逆に棚橋のスタイルを俺の理想の闘いに昇華させたい。
以前は、相手の力量を引き延ばして試合をするってことをしてましたけど、今回は自分の土俵で徹底的にいたぶりまくる試合をする。リングに上がって、永田裕志に対して怒りとか憎しみを持てるようなファイトをしたい。

尼崎で勝ったあとにファンに聞きましたよ。俺にIWGP巻く力がまだ残ってるか、って。そのときの歓声が、まだ永田裕志の役割を物語っていた」


googleで検索 サイト内検索