IWGPヘビー調印式で真壁と力皇がコメント
ホーム新日本プロレスニュース一覧 >IWGPヘビー調印式で真壁と力皇がコメント

IWGPヘビー調印式で真壁と力皇がコメント

6.19大阪大会で行われるIWGPヘビー選手権の調印式が行われ、王者真壁刀義、挑戦者力皇猛がそれぞれコメントを出した。

力皇のコメント
「わかってねぇようだから言ってやるけどよ、新日本がNOAHより下ってこと、まだわかってねぇ、こいつらは。ジュニアのベルトを獲られて、獲られっぱなしで取り返せないでいる。ついでに俺がヘビーのベルトを獲りに行ったら、こいつがチャンピオンだ。これが新日本の最後の砦か? 6月19日はな、新日本沈没という歴史的な日になる。そして、こいつは新日本を沈没させた歴史的なチャンピオンなんだよ。覚悟しとけよ。
NOAHの中でイマイチ最近結果出してないから、ちょっと弱い新日本乗り込んで。ジュニアのベルトもNOAHにあるし、ヘビーのベルトも獲って自分の中で一つのアクセサリーを手に入れて、少しでも気分良く、次のウチのシリーズを迎えたい。それだけだよ」

真壁のコメント
「当初はよ、組まれてるからやりますオーラ丸出しのヤツでよ。動かざるごと山のごとしか。それ気取ってるようなタコスケかと思ったけどよ、言うじゃねぇかよ。面白ぇよ。ここにいるってことはよ、ほかのNOAHのヤツらとは格が違うってことだよ。それだけは認めてやる。ここにいる以上、俺が叩き潰す意味が出てきたよな。
やっと舌戦になってきたじゃねぇかよ。プロレスはこうじゃないと面白くねぇよ。インパクト? どうだろうな、実際なんのインパクトも出てねぇだろ。ただよ、前哨戦あるだろ。そこでどう出るか、コイツの価値がわかるんじゃねぇの」


googleで検索 サイト内検索