鈴木みのる三冠防衛後のコメント
ホーム全日本プロレスニュース一覧 >鈴木みのる三冠防衛後のコメント

鈴木みのる三冠防衛後のコメント

「(河野はどうだった?)一瞬ヒヤっとしたけどな、前半は。でも、ベルトを獲って人に認めてほしい、勲章を首からぶらさげてないと闘えませんと、そんな志の低いヤツらが最強の名のベルトを持っていいのか。ステータスを上げるためにベルトがほしい、人にすごいねって言われるために今日勝ちたい、そんなの誉められたいからプロレス大賞がほしいって言ってるのと一緒。だから客に支持されねぇんだ、あの小僧たちは。
全力出して見ろ。全力っていうのは、毎日生きるか死ぬかだ。毎日だぞ。じゃないと、お前らに時代は作れない。時代は勝ったから乗り越えるとか、誰かに勝ったからもらえるとかじゃない。順番じゃないんだ。
これで世代闘争は終わり。タッグも今日負けたじゃねぇか。次は3対3か? 4対4か? 1対4なら勝てるのか? 1対4でやってもいいぞ、次の三冠戦。アイツらは魂をさらけ出す勇気がねぇんだ。だから裸になって戦ったとき、すべてが見える。すべてが見せれねぇから弱いんだ」


googleで検索 サイト内検索